後遺障害認定の等級が適正ではないと感じている方はこちらへ

交通事故による怪我が原因で後遺症が残った場合、後遺障害に認定されると賠償金が支払われます。
後遺障害認定には等級があり、申請を行うと診断書の内容に応じて等級が決まります。
しかしこの認定が必ずしも正しいかというと、実際適正でない事例が多くあるのです。

認定は全て人の手によって行われるため、診断書の見落としや評価に誤りがでてしまうことは防ぎきれません。
後遺障害サポートドットコムではそういった認定を再調査し、検査内容や診断内容が適正であったか徹底的に調べてくれます。
適正でないと判断された場合は、専門弁護士が認定されなかった理由など詳細に書面を作成ますが、知識や経験が豊富だからこそ一度認定されたものを覆すことができるのです。

また異議申立によって等級が変更されても、賠償金の増額が思うように上がらなかった場合も適切なアドバイスをもらえますし、その後の示談交渉などしっかりとサポートしてもらうことができます。
こういったサポートは異議申立を何度も行っている専門の弁護士だからこそ、さまざまなケースに合わせた的確なアドバイスができるのです。
後遺傷害サポートドットコムでは無料で診断してもらうことができますから、後遺障害認定に疑問を感じたら相談してみましょう。